和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

悼みと感謝のあかり〜嵐山・灯籠流し

8月16日は毎年京都では五山の送り火が行われ

ます。亡くなった方の精霊を、またあちらの世

界に送り帰すと言う為の行事です。

同日、嵐山では桂川に灯篭を流して川施餓鬼

法要を行い、同じく精霊を浄土に送り帰し供

養します。

今年も沢山の方がお越しです

今年も沢山の方がお越しです

精霊を乗せた灯篭は静かに川を流れて行きます

精霊を乗せた灯篭は静かに川を流れて行きます

また来年も、お逢いしましょう

また、来年お逢いしましょう


今年も多くの方がお越しになっていました。
この「あかり」は亡くなった方を悼む気持

ち、先祖や近親者の精霊に対しての感謝の心 

そのものを表わすものと思います。

あかりそのものには実態はなく、触れ得るも

のでは無いので、逆にそこには人が持つあら

ゆる感情や気持ちを投影出来るのですが、こ

の灯籠流しにおいてのあかりは正にそういう

事だと解釈できるでしょう。
伝統行事としての嵐山灯籠流し。

とても厳かな空気を孕んで進められていまし

た。

この時期、京都を観光で訪れる方は是非ご覧

ください。

京都観光・旅行情報

嵐山灯籠流し


ページトップへ戻る