和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

花とあかり

紫陽花が咲き始めていますね。

色数もさる事ながら、その種類は実に50種に

ものぼるとか。

丈夫な花で、花瓶に生けて長持ちするのも

嬉しいですね😊

無造作な感じが良いのです

無造作な感じが良いのです

お花を活かす明かりの使い方を一つ。。。
こんな風に、生けた花の後ろに照明を置くと

花のシルエットがより鮮明になります。

お花はその色だけでなく、立ち姿のシルエッ

トが生き生きとしていると良いですよね。
皆さんも、手持ちの間接照明でも何でも

とりあえず見せたいお花に対して様々な

角度で置いてみて、その見せいお花が光に

よって「魅せる」ものになる様に工夫してみ

てはいかがでしょうm(__)m

のっぺりとした、均一な照明の中だけでは気

づかなかった魅力を見つけられるかも知れま

せんよ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


ページトップへ戻る