和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

街でみかけた風物詩

ある意味ですね  😀

 

どういう状況かと申しますと・・・・、

 

朝は肌さむい→Tシャツでいいと言う子供に、お母さん一枚だけ羽織って

行けとパーカー着せる→子供出掛ける→友達とほたえる(はしゃぐ)→

暑くなる→脱ぐ→その辺に放置→こうなる(たぶん)

 

春先によく見かける光景でした。

 

つづき

帰宅して、どこに忘れてきたと詰め寄られる→探しに行く→

発見!→しれっと着て帰る→お母さんにしばかれる (たぶん)

 

おわり

 


ページトップへ戻る