和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

和紙あかりについてのあれこれ

古典的的なスタイルを踏襲しつつモダナイズを試みるというのは、

どんなジャンルのデザインでも行われること。

 

和紙あかりは、比較的この手法をもって様々な方向にアプローチ

することがやり易いジャンルと言えます。

 

つまり、「和紙」という素材の持つアナログ感。

また和紙のあかりというその存在そのものが古典的なイメージで

捉えられているということ。

この2点が実に効果的に作用します。

 

あかりデザイン工房製作 ※岐阜県 某邸

 

手付の行燈タイプも地あかりをぐっと落とした場所では、和紙セード

部分とその他の部材(木工部材)との明暗がはっきりと判るので、

器具全体のシルエットが美しく映ります。

 

このシルエットに和の感性に響く美しさを感じます。

 

2015年9月15日

 

 

 

 


ページトップへ戻る