和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

本日の和紙あかり手作り体験6.29

随分と蒸し暑くなって来ました。

湿度が高くなると不快なもんですね(^^;)

京都の夏はとても過酷で、祇園祭りの本番辺

りからもうそれは本当に蒸し暑くて、夜にな

ってもなかなか温度が下がりません。

盆地であると言うとこが大きな原因なのです

が、とにかく爽やかな風が吹き抜けるなんて

事があまり無いので、熱がこもるような感じ

です。

と、こんな風に言うと良いところ無しなので

すが、そんな過酷な季節を如何に楽に過ごす

かと言った工夫がそこかしこにあるのも京都

の特徴では無いでしょうか。

思った以上に完成度高く出来ましたね。

思った以上に完成度高く出来ましたね


光を透かすと和紙の魅力がさらに増して

光を透かすと和紙の魅力がさらに増して


ページトップへ戻る