和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

紅葉ならここ

今日から11月に入り、ここの所朝晩の冷え込みも強くなってきています。

ここの所雨模様ですが、お天気の良い日、小春日和に誘われて出歩くと乾いた空気が

とても気持ちが良いです。

 

この朝晩の気温差が大きい程期待できるのがこの時期、紅葉の色づきです。

京都市内での一押しスポットを紹介します。

 

北野天満宮「もみじ苑」

http://kitanotenmangu.or.jp/info/news/news.html

 

こちらは学問の神様でお馴染みの菅原道真公をお祀りする全国12000社を数える

天満宮の総本社です。

当然、故に格式はとても高いのですが、一方で毎月25日には境内敷地に所狭しと

露店が立ち並び、骨董市や古着市をはじめ、綿あめや射的なんて縁日では定番の

お店が並ぶので、京都の人は「天神さんの日」と呼び、年代を超えて大変親しんでいます。

 

さて、もみじ苑ですが、この北野天満宮の敷地内の一部で期間限定で公開される

京都市内でも有数の紅葉の名所です。

かつて、豊臣秀吉が築いたとされる土塁の史跡「御土居」の一部と自然林が残る

このエリアを期間中公開されています。

 

特に、敷地内に流れる紙屋川に架かる鶯橋から見下ろす清らかで美しい風景は、

まるで別の世界を観ている様です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする


ページトップへ戻る