和紙の照明は京都のあかりデザイン工房へ

町屋をもっと好きになるシリーズ5

【木と紙で灯りをつくってみよう~灯りから考える町家とまちづくり】

『京都市 景観・まちづくりセンター』京都建築士会の共催イベント。
当日は「まちなかを歩く日」というイベントで姉小路通りには行燈が並び、制作した灯りも一晩展示が可能です。

竹の支柱を使い、風でユラユラと揺れる楽しいあかりを作ります。 親子で、家族で是非ご参加下さい。

日時:11月14日(土) 13時半~16時
講師:内藤郁子氏(京都府建築士会)
   谷口親平氏(姉小路界隈を考える会)
   田畑教次氏(あかりデザイン工房)
場所:子ども相談センターパトナ(中・姉小路通東洞院東入)

多数のご参加、ありがとう御座いました。
イベントの模様が京都新聞(11・15朝刊)に掲載されました。


ページトップへ戻る